このところ、仕事が忙しいです
残業続きで学童のお迎えも19時ギリギリ😰
それに、苦手なPC使った資料作りが締切間近で、
家に仕事を持って帰ってきてる状態😭
ピアノ、弾けてないなぁ。
レッスン記録もできてないね~
【ハノン C:スケールとアルペジオ】
C:のスケールですらチェックが入った(。-_-。)
打鍵の位置、奥の方で弾いているのを、
もう1~2㎜手前の白鍵広い部分で弾いてみましょう。
1~2㎜って😱
ちょっとしたブレで1~2㎜なんてすぐにずれるよね💦
でも確かにいつもよりちょっと手前で弾いてみたら、音が明るく輪郭がハッキリしました。
すごーい。。。
カデンツは、ドミナント→トニックをよく感じて弾きましょう。
最後のドミナント→トニックの間、ほんの紙一枚くらいの間をとると聴きやすいです。
まさかまさか、ハノンのスケールで音楽性を問われるとは~😱
アルペジオの弾き方は2種類あります。しっかりくぐる弾き方と、テンポを上げた場合はくぐらずにスライドする弾き方。
これは出来ていました👍
【ショパン エチュード op.10-1 】
ゆっくり弾いた方が良かったのに、いい調子でテンポあげてしまったので、違う音触りまくりで自分で弾いてて気持ち悪くなってきました😭
なのになぜか、先生ったら弾きにくい展開部も通過して再現部にはいっても止めてくれないじゃないの
一応最後まで譜読みはできてるけど、いろいろ限界なため
チラチラ横目で先生に目配せしてみたら
「あ、とめましょうか?」って。。。😅
ひぃひぃ言いながら弾いてるのに止めてくれないなんて、ヒドい~
意外と鬼畜だな、せんせい。。。
展開部に入ると右手がキツそうですね。1つの塊ごとの細かい練習になりますが、このままだと最後まで通せないと思うので、弾き方を変えましょう!
本当に細かい練習でした。
10-1は、展開部の4小節だけレッスンしてもらいました
【ショパン ノクターン第8番】
左、6/8拍子っぽく聞こえるコツは、始めの3つを大きく、後の3つを小さく弾くこと。
左1音目跳躍してるのは、しっかり時間使っていい。
(中間部cis mollでドンドンcresc.していくところ)、右を力強く厚みのある深い音が出るように練習しといて。
途中からポイントだけの記録になっちゃった😅
練習ほぼできないまま次のレッスンがあと1週間後💦
仕事持ち帰りはやめたいけど、終わらない仕事。。。
やるしかない!!
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★
ハノン:スケール&アルペジオ(全調)
 
ショパン:エチュードop.25-9(蝶々)
シューマン:子供の情景
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ