いまさらだけど、椅子の高さって大切だなーって思いました。

みなさん、椅子の高さ、気にされてます?

わたし、全然気にしてませんでした。
というか、自分に合った高さがよくわからなかったんですよ。
子供たちが弾いた後の、いっちばん座面が高い状態でも気にならないくらい。
むしろ、高めの方が腕の重みとか乗っかりやすいんじゃないかな?なんて思ってたりして

ここにきて急になぜ椅子の高さを気にし始めたかというと、

前回右手練習の動画を撮って、自分の弾き姿というか手元を見たときに
「なんか、手がバタついててきれいじゃない!」
と思ったんです。
今の時代you tubeなんて便利なものがあって
有名ピアニストやとても上手な方の演奏動画がすぐみられるのでいいですよねー。
このお手本動画の手元と、自分のとを比べてみて
違いは明らかでした。

上手な人は、手元に無駄な動きがない(少ない)!!!
私は何でバタついて見えるかというと、
指を無駄に鍵盤から離れていて、上から振り下ろすみたいな動きがバタついて見えるんじゃないかなぁ、と思いました。

上手な人は手のアーチ型が崩れない!!
いちいち指を上げないで、アーチの形のまま下に落としてるだけみたいな、鍵盤をなでてるようにみえるんですよ。

そもそも、私は弾いているときにアーチが、、、、ない
指の付け根の関節が一番高いのが上手な人のアーチのところ、
わたしは付け根まったいらだし。

それで、まず、アーチをつくってみよう!と思って
椅子に座り鍵盤に手を構えてみたら、自然に手を乗せてるのにアーチができないんですよ。
なぜなら、椅子が高すぎて腕から手首、指の付け根まで、まっすぐになっていたから。

前腕が床と平行になるくらいをイメージして、そうなる高さまで椅子を下げて構えてみたら、
手のアーチが作りやすくなりましたよ。

やっぱり、子供と同じ高さじゃ全然ダメダメだったんだ(笑)

いつもよりも鍵盤が近くなって、暗譜して手元を見て弾くのに集中しやすくなった気がする。
普段椅子高いから、譜面と近くて譜面から離れられない症候群だったのかもしれない。

椅子の高さって、大切なですねー。

ただ、構えはできたけど、ここから先アーチを崩さずに指をバタバタさせないように
鍵盤をなでるように弾けるようになるのは、
また別のお話ですよね

ひとまず、椅子の高さ簡単に変えられる椅子、欲しいな。
横のダイヤルくるくる回す方式の椅子しかないから、
いろんな身長の人が座るとその都度高さ調節がヒジョーに面倒なんですよぉ。

音楽室にあるようなレバー式の椅子。買おうかなぁ。


にほんブログ村


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★
ハノン:スケール&アルペジオ(全調)
 
ショパン:エチュードop.25-9(蝶々)
シューマン:子供の情景
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ