昨日レッスンでした♪

娘がゴキゲンなうちに~!!っと無駄話はそこそこにしてレッスン開始♪

ハノン39番 C: F: B: Es: As: Des: Ges:
毎日つづけてひいてるとカデンツまで迷わずにおさえられるようになるもんですね
「調によってイメージがわくようになってきましたか?今度は、フラット系の短調をやっていきましょう。長調と組み合わせて平行調のセットで練習してきてくださいね、その方が分かりやすいと思うので^^」
分かりやすいっていうのは、何をわかるようになればいいでしょうか・・・。これをやると、何かわかるようになるのかなぁ?(笑)期待!!

インベンション2番
自分では結構いい具合にひけたかなーと思います。
「この曲って、ツラツラと平坦になりがちでしょ?もっと、盛り上がるとこに向かって山を大きく作っていいですよ。あと、やっぱりカデンツの意識がたりないかな。」
・・・自己満足でした(^^;
減七の破滅的なインパクトのある跳躍。
カデンツはもっと「これだ!」ときっぱり断言するように弾く。
21,22小節目あたり、畳み掛けるように。この曲の一番盛り上がってる部分
カデンツのあと、再現部。戻ってくる。ここは初めより大きく。fがいい。

もう一度弾きなおして、合格

インベンション3番
何回も出てくるカデンツと最後の偽終止、わかってて「やってる」つもりだったけど、いまいちやりきれてないらしい。
5小節目~、2小節ごとにまとまりをつくる。左は3拍子を感じて。
カデンツをもっときっぱりと。
43小節目~再現部。戻ってきた喜びをあらわす
53小節目偽終始は、Ⅴ→Ⅵの間に時間をかけて。

次回まとめてくる。


インベンション4番
「4番はみてきてありますか?」
言われてなかったけど、やっぱり予習しておいてよかった~。
譜読みだけしていきました。
「トリルの入れかたは、バッハやモーツァルトはとくに、頭であわせて上から入れます。ちょっと前にでちゃってましたね。」あまり意識してませんでした。。。
19小節目~や29小節目~の長いトリルも、同じように上から入れる。
きっちり2個つづいれるのではなく、細かく自由に揺らすようにいれる。
「昔のチェンバロは長く音が伸びなかったから、音を伸ばすための目的でトリルをつかったんです」
ヘェ~~~!トリビア!!
だから、きっちり入れるんじゃなくて、揺らすようにトリルすればいいわけですね。

ショパン エチュード Op.25-8
この間、先生方の「勉強会」に参加させてもらって、決定的に私は基礎がダメなんだって再確認して
エチュードをちゃんとやらなきゃ!!と思い立ち、先生に何かエチュードやりたい!と言ったら
「いいですね!エチュードしましょうね。では、ショパンのエチュードから何か好きな曲を見てきてください」
とのことだったので、妊娠中に弾いていた25-8を持っていきました。
・・・私がやらなきゃいけないエチュードは、ツェルニーとかクラーマ=ビューロとかかなぁと思ったけど、
先生がショパンでというならいいよね。


左の伴奏は、バスと6度の和音を別の楽器でやってるイメージ。バスの流れと、6度は和声だけ。
出だしの、mezza voce。半分の声で。小さく囁くように
8小節目の跳躍、さらっといかない。
17小節目~19小節目のcresc.で最高音までもっていく。
21小節目~再現部。戻ってきた喜び!
25小節目左のシ♭♭~ラ!!「やる!」


バラード3番
最初から最後までひかせてもらえました♪♪
mezza voceから、軽く。右の内声がうるさくて重たく聞こえる
前半はだいぶよくなった。
後半、弾きにくいところから、コーダが横の流れがつながらなくなってる。
コーダの左はエチュード25-8のようにバスと和声を別物にとらえて、一つ一つの和音にならないようにする、横を意識する。
右も和音の縦じゃなくて、横の流れをつくる。

「大曲ですね。ちょっと飽きてきましたか?」
えっ?今回はそんなにまだ弾いてないし、飽きてはいないんだけど・・・
「よくなってきたし、これはもういいと思いますよ。もっと弾きこめばもっとよくなるでしょうけど、仕事復帰は11月ですか?時間もないし、つぎに進んでもいいですよ」
たしかに、11月なんてすぐだし、これに時間かけないで、次の曲にいってもいいかも。
でも、なんか納得いくとこまで仕上がってないし、中途半端でしっくりこないなぁ。。。。
「次はなにがいいですかねぇ。ショパンが好きなんですよね。ノクターンとか?ワルツは簡単かなぁ」
あぁ。。。話がバラ3終了になってる(笑)
ま、いっか。
テクニック的に苦しい曲で時間かけるより、やさしめの曲を完成度高く仕上げていくようにしたいし。

難しくなくて、長くない曲で候補に挙がったのが
ドビュッシー「子供の領分ゴリウォーグのケークウォーク」
ドビュッシー「ベルガマスク組曲月の光」
ショパン「ワルツ2番」

どれか1,2曲えらんでみてくることになりました。

どうしようかなぁ。
ショパンは弾いてきたから、今度はドビュッシーにしてみようかなぁ。
コメント
トラックバック

まとめteみた.【レッスン23回目】

昨日レッスンでした♪娘がゴキゲンなうちに~!!っと無駄話はそこそこにしてレッスン開始♪ハノン39番 C: F: B: Es: As: Des: Ges:毎日つづけてひいてるとカデンツまで迷わずにおさえられるようになるもんですね「調によってイメージがわくようになってきま...
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★
ハノン:スケール&アルペジオ(全調)
 
ショパン:エチュードop.25-9(蝶々)
シューマン:子供の情景
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ