今回、「ため息」に取り組むに当たって
初めての試みをしてみた!

それは、ピアノで音を出す前にアナリーゼすること。

アナリーゼ初心者な私は、かなり時間の無駄なことをしたかも

完璧な分析はまだまだ無理なので、
曲の構造を分析してブロック分けしやすいようにしたあと

どこで転調するか、何調かを分析したくらいです。

細かい和声分析は、途中3ページくらいまでがんばったけど、
和音ごとに転調してるんじゃないかみたいなよくわかんないのが出てきたあたりで脱落~

細かい分析は諦めてピアノで音出して譜読みにきりかえたら、
いつもよりも譜読みが早くなったようなかんじがしました

この部分はこの和音っていうのが、アナリーゼしてる段階で認識できてるからかなぁ?
ただ単にこの曲が譜読みしやすい曲ってだけかも

ピアノで音出したら、和声分析でつまったとこが、わかったりすることがありました

譜読み最後まで完了したとは言っても、ここはこう弾くって頭で分かってても、手がそのとおりに動いてくれないから
ぜんぜんまだまだ先生に見てもらうレベルではないんだけど

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★
ハノン:スケール&アルペジオ(全調)
 
ショパン:エチュードop.25-9(蝶々)
シューマン:子供の情景
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ