大人になって再開したピアノの練習記録

オクターブのグリッサンド

ワルトシュタイン3楽章の最後の方に、オクターブのスケールがあります。
指番号は15・15・15…とふってあるので、手をパッと広げてオクターブを連打してスケールを弾いて練習していましたが
この弾き方だとスピードが落ちるし音は外すしなめらかに弾けません

この指番号の指示からほかの弾き方を考えるとグリッサンドの方法がありますが、
オクターブでグリッサンドなんてぜーったい無理音の輪郭がなくなるし速さのコントロールもできないし。

みんなはどう弾いてるんだろう?ユーチューブで検索してみました。

そうしたら、びっくり
多くの人が両手で取ってました
その方法があったかぁ
それなら一つ一つハッキリ鳴らせるし、滑らかにも弾けるしいいじゃん
楽譜の運指は完全に無視。このとおりに弾ける人いるのかなぁ。

そんなわけで、両手で取る方法で練習しはじめたんだけど、
これはこれで難しい遠くまで移動を素早くはずさないように。
下降のオクターブから登りのオクターブの間に間ができちゃいます。
あと、右で和音いれながら左の登りスケールのお手伝いがうまくいかない

オクターブ連打をなめらかに確実に取る練習したほうがいいのかなぁ
コメント
こんにちは。
まさにそこ、ワルトシュタイン3楽章のオクターブグリッサンド、
私も一体どう弾くのか、本当にオクターブでグリッサンドできる人がいるのか、不思議だったんです。
両手でとる、という手があったんですね~。
私が3楽章弾くことは、多分10年以上は不可能と思われますけど、
いつか弾くときのために頭に入れておきたいと思います♪
(私もYou Tubeで見てみようと思います。)
完成したらアップして聴かせてくださいね!!
2011/01/20(木) 14:12 | URL | ミケ子 #-[ 編集]
>ミケ子さん

お返事遅くなりました(><)
グリッサンドなんて1本指でもうまくいかないのに
オクターブの距離を保ちながら滑らすなんて、理解不能ですよ~
両手でとるのは目からうろこでしたが、それも間髪いれずに跳躍ができず苦戦中です。
10年以上不可能なんて、そんなこと言わず遊びで弾いてみてください!譜読みがとってもしやすいから弾けちゃいますよ!!
ミケ子さん、フォーレやショパンの難解な楽譜が読めちゃうんですから^^
2011/01/24(月) 13:30 | URL | hirococco #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★

ブラームス:作品119-4 ラプソディ  
ドビュッシー:アナカプリの丘  

ロシアピアニズム レッスン:モーツァルト ソナタ4番
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
50位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる