2010年、私のピアノ年表の中でターニングポイントの年になる気がします。

なんといっても、先生を変えたことは大事件でした。
このときに、自分のピアノに対する姿勢について深く考えさせられたことは、あとになって悩んだときの考えの基盤になるだろうと思います。

新しい先生になって、克服したい問題点がはっきりしたのは大収穫でした。問題点が乗り越えられれば、もっとよく弾けるようになる!という希望ももてるようになりました。

突っ込んだレッスンをするようになったので、なんとなくの感覚だけで弾くのではなくて、分析して楽譜に書かれてることの意味を理解して曲を組み立ていきたいと考えるようにりました。

なので、まずは、基礎の楽典から復習をはじめて、和声の勉強も取り組みはじめました。

★2010年に取り組んだ曲★
ショパン:バラード第1番
シューマン=リスト:献呈
ショパン:エチュードOp.25-1「エオリアンハープ」
ショパン:エチュードOp.10-5「黒鍵」
ベートーベン:ピアノソナタ第21番「ワルトシュタイン」第3楽章
ショパン:ノクターン2番


うわぁショパンだらけ生誕200年だしショパンコンクールの年だったし、ショパン漬けの一年でした(笑)


いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます^^
ついでに、ワンクリックよろしくお願いします~
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★
ハノン:スケール&アルペジオ(全調)
 
ショパン:エチュードop.25-9(蝶々)
シューマン:子供の情景
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ