12月19日(日)
ピアノ教室のクリスマスコンサートがあり、参加させていただきました。
先生のお友達の教室と合同のコンサートで、
クリスマスにちなんだ曲を、みんなそれぞれ演奏しました。

でも、このコンサート自体決まったのが11月に入ってからのことで
みんな1ヶ月くらいで練習して発表することになったのです。

なので、クリスマス曲以外の現在レッスン中の曲でもOKよ^^ということに。

私は、始めはクリスマスっぽい曲で、シューベルトのアヴェ・マリアにしようと思っていたんだけど
練習していくにつれ、なんかつまんなくて(^^;
使った楽譜のアレンジが簡素な感じだったからかな?

直前のレッスンで、以前レッスンしていただいたシューマン=リストの献呈に変更することに決めました。

なので、急いで練習しなきゃいけなかったのに、なんと運悪く、風邪引いて寝込んでしまったんです~
風邪⇒扁桃腺炎を併発して、高熱は下がらないし、のどはかき切られるように痛いし
食事は1週間くらいほとんど食べられなかったから、元気が出ない&さらに免疫力低下・・・・


そんな状態で、これはコンサートいったら夫は「バカか!!」って絶対怒るし~(><)
欠席かもしれない。と、半分諦めていたら
コンサート当日、夫は急な仕事で出勤!
ほほほ~い!
鬼の居ぬ間に洗濯~♪♪←ちょっと使い方ちがう??夫は心配して言ってるのはわかっとります。
ピアノ弾く元気は戻ってきたし、こっそり出かけちゃいました♪(息子連れて^^)


私の師事する先生は、留学して演奏活動もされているけど、教室はマッタリとしたかんじで
私以外の生徒さんはみんなお子ちゃま^^

先生のお友達の教室も、お子ちゃまが多く(まぁ、ふつうですよね)
一人、大学生のお姉さんがいました。

なので、コンサートで大人の演奏者は、大学生お姉さん・私・先生2人。でした。
小さい子も多くて、息子が騒いでても全然OKな感じが、とてもホッとしました(笑)
小学生中心のクリスマス曲で、子どもたちはワイワイしてて、
すごく楽しい音楽パーティー^^

なので全然自分の演奏直前まで緊張することもなく(^^;

年齢順のプログラムだったので、私がトリだったんだけど
その後に、講師演奏の連弾があるので、そんなに責任感じることもなく(笑)

コンサートの最初、3人のレッスン始めたばかりの子たちの演奏がありました。
そのうちの一人が、「神童かよっ!」ってくらい、スゴかった。
しかも年少さん。
始めたばかりなはずなのに、両手しっかりつかって、左もしっかり伴奏。
音量はあるし、小さい音も芯のある音。
鍵盤に頭がつきそうなくらい心をこめて演奏していました。
将来すごい人になりそうな感じ・・・
ドキュメンタリービデオ撮っとけばよかったかな(笑)


この子のお姉ちゃんもスゴイ演奏だった。
小3でモーツァルトのソナタK545の1楽章を、カンペキに弾いていました。
軽やか~、音の粒がころっころって小気味いい♪
ちょっと小耳にはさんだところ、毎日3時間くらい弾いてるとか・・・
小学生の頃ピアノの練習3時間なんて、むりでしょ~
友達と遊ばなきゃいけないし、宿題やんなきゃいけないし、プレステやんなきゃFFクリアできないし。。。
この姉弟は、音楽家コースですね。


私の前に弾いた大学生のお姉さんは、ショパン:バラード1番弾いてました。
私も半年前弾いた~!とか思いながら聴いてました。
今度、PTNAのステップ受けるそうで、リハーサルがわりだそうです。
とても、響くいい音で、しっとりどっしり歌いあげてくれました^^
一つ一つの音がホントよく響くし、手首やわらかーく動いてうらやましー。
ステップがんばってね~


私は、息子がホールの外で一人で遊んでるときに自分の出番が来て
「アイツ、外に脱走していかないかなぁ。。。」とか余計なこと考えながら演奏しました(^^;
余計なこと考えてたから、楽譜見ながら弾いてるのに、どこ弾いてるかわかんなくなって
適当にごまかしながら進んでいったものの、途中手が交差するところで
なぜか交差し忘れて(爆)、そこはごまかしきれず、一瞬停止(><)
後半じゃんじゃか盛り上がるとこからは、いい具合に弾けたと思います。
本番で曲に入り込めた感じがしたのは初めてでした♪♪(あくまでも、後半のみ)
そういえば、後半は楽譜見てなかったかも。
やっぱ、曲にはいっていくには暗譜は必須ですね。
最後の和音弾き終わった瞬間、自分のなかで「ブラボー」が聞こえました(笑)


息子さんは、私の演奏が始まったのに気がついて、
すぐにホールの中に戻ってきて、席に座って聴いていたようです^^

そういえば大学生のお姉さんが弾いたバラ1.
聴こえてきたらすぐに「あれ?これ、お母さんが弾いてるの?」って言ってました。
そうだね、ちょっとまえまで騒音のように毎日弾いてたもんね。
息子はお母さんが弾いてる曲をちゃんと聴いて覚えているようです。


演奏者へプレゼントは、息子が受け取りました^^
家に帰ってさっそく開けてみると、サンタさんの陶器の入れもの(置物)でした。
箱から出すときに、来るんであったエアキャップをひっぱっちゃったので
くるくる~っとサンタさんが出てきて、床にガッシャーンと落っこちました。
真っ二つに割れたサンタさんを見て息子ボーゼン・・・(^^;

ま、しょうがないね~
超強力瞬間接着剤でくっつけておきましたが、復活するでしょうか?

で、そのサンタの置物をみて、帰ってきた夫が
「コレ、どうしたの?」と息子に聞いて
息子は最近ちゃんとお話できるようになったので
「あのね、お母さんとピアノいって、プレゼントもらったの。失敗して壊れちゃったの」
と、正直に答えたので、私は夫にあきれられたのでした・・・(^^;



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます^^
ついでに、ワンクリックよろしくお願いします~
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★
ハノン:スケール&アルペジオ(全調)
 
ショパン:エチュードop.25-9(蝶々)
シューマン:子供の情景
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ