すごい喉が痛いんですー

職場の隣のクリニックの先生に相談したら、
「あらぁ、完全に扁桃腺炎だね。」と。

またかぁ~(;_;)

1年前にも扁桃腺炎になって、異常な高熱とのどの激しい痛みで死にそうになったんです。

確かに今回も39℃を平気で越える高熱がもう4,5日続いて、解熱鎮痛薬の飲み過ぎで胃が痛くなりそう(><)

のどが切り裂かれるみたいに痛いから、ご飯食べられないし、飲み物飲めないし。
薬飲むのも、清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟でゴックンしてる状態・・・


早く治りたいよー


先日の記事で、和声学の本のオススメをアドバイスしていただいた皆様、
とっても感謝感激してます!!
ブログやっててよかった~!うれしかったです♪♪

さっそくその中の1冊をamazonでぽちっと購入しました^^
まだ届いてないし、本も開いてないのですが
感想をまた後日記事にしますね~るん♪


のど痛すぎで声もでないし、仕事にならないのでお休みさせてもらってるので
昼間、寝ながら「黄色い楽典」読んでます。

改めて落ち着いて読んでみると、まぁまぁ理解できる。
ルールを覚えないといけないので、それがなかなか頭に入ってこないんだけど
これは繰り返し実習するほかないですね。

考え方変えると、ちょっとパズルみたいで面白いかも!って思いました。
パズルというか、数学にも似てるかも?
公式を覚えて、それを使って問題を解くみたいなことでしょ?

もともと理系なので、考え方変えたらたのしくなってきました。

ロマン派とか近現代の曲に、これを使うのは難しいけど
今やってるベートーベンとかに当てはめてみたらどうだろう~?

先生に、ワルトシュタインで和音考えて練習してと言われたところを試しに見てみました。

にわか知識でも、結構、和音記号ふれました!!!
ワルトシュタインはC-durだし、やりやすかった(^^)
弾ただひいてるだけでは気がつかなかったけど、
(多分)途中でG-durに転調してることも分かって、ちょっと新発見!!!な気分♪

調子にのって、始めのほうから和音記号考えてみました。
ベートーベンさまは、とても分かりやすい作りにしてくれているようで、
一応わたしにも分かります(笑)

さて、・・・・だから??これをどうすればいいんでしょうか(爆)
先生に見てもらおう(^^;



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます^^
ついでに、ワンクリックよろしくお願いします~
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★
ハノン:スケール&アルペジオ(全調)
 
ショパン:エチュードop.25-9(蝶々)
シューマン:子供の情景
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ