この曲、ダンナがいるときには絶対弾けない!
うるさい!ってすぐに怒られるヤツです。。。



【練習期間】H30.11月~12月:1カ月

にほんブログ村




レッスンでドンドン先に進んでしまうと、もう弾かなくなってしまって
すぐに弾けなくなるのをなんとかしてキープしたい!
けど、終わった曲を弾いてる時間がない(;_;)

納得いく演奏とは程遠いけどアップしておきます


【練習期間】H30.11月~12月:2カ月間

にほんブログ村


今年最初のレッスン、はもう先週のこと(^^;
記事、じっくりかきたいけど時間がないから走り書き程度にしておきます。
スキップ、フェードアウトしちゃうより、細く長く!

【ショパン エチュードOP.25-9 「蝶々」】
やっと最後まで通して弾けるようになった、と思ったら年末のレッスンでまさかの「次回仕上げましょう」だったので
あわてて弾き込みに入ったけど、年末は予想以上に仕事大変で毎日残業のため練習時間とれず。。。
ちょっと弾きやすくなったかな~、くらいまでにしかならなかった(;д;)


再現部以降、曲の一番最高音に向かうところまでの作りかたをレッスンしてもらった。
この部分は叩きつけるように弾いちゃってOKですって。
叩いていいよ!なんて教えてもらったことないからビックリした。

コーダ部分(?)、ソフトペダル踏んでみましょうとのこと。
アドバイス通りにソフトペダル踏んでみたら、先生大絶賛!
ソフトペダルしながら、ダンパーペダルをうすーく踏むと、少し金属音がまざったような微妙なニュアンスの音が出るようなんだけど、これがなかなかむずかしいバランスの踏み方らしくて、みんながみんなできるものじゃないんだって。
それが、とてもよくできているって、大絶賛でした。
なんだかわからないけど、褒められた(笑)

この曲はこれで終わりにしてもいいし、テンポもうちょっとあげたかったのと、せっかくペダル技よくできてるからそれを生かしてもう一回まとめなおしてもいいし、
というので、次回もう一度やってくることにしました。
わたし的には、まだまだ全然弾けてないから終わりにしたくない!


【シューマン 子供の情景「8.炉端で」】
さぁ、弾いてくださいどうぞと言われて、ん?どんな曲だっけ?ってわからなくなるくらい弾いてなかったノ(*゚Q゚*)
それにしては、それなりに弾けてたみたい(^^;
「圧倒的に左が問題ですね!」←左が音楽的に弱い、歌えてない、聞こえてない、弾けてないってこと。
左のバスは、もう少し柔らかくおさえていい。
途中に出てくるリタルダンドはもっとやる。
アルペジオ+リタルダンドも、もっともっと時間使う。
最後の部分はアルトの半音階よりも、テノールの旋律を出した方がいい。

【シューマン 子供の情景「9.木馬の騎士」】
初めてレッスンで弾いて、先生これも大絶賛。
「とても聞きやすかったです。和音の中に埋もれた旋律がバランスよく整理されてて、最後左に旋律がくるところは、弾き方も変えてオクターブもいい音でした。」
シューマン、わたし合ってるかも?(笑)
毎回シューマン褒めてくれる♪
一点だけ、右のはじめのメロディーの「ん ソ ソラー ん ソ ソミー・・・」とか、次へ行くときに停滞ぎみ、次へ次へ音をつなげていくイメージを持つといい。

つぎは、第10曲「むきになって」から。
おお!木馬の騎士は一発クリア。

次は3週後だから、蝶々をどこまでテンポあげてまとめられるかがんばる。
シューマンは最後のほうの曲あまりおもしろくなくて弾いてないから譜読みからやる。

にほんブログ村





今回で12回目ということは、月2回レッスンだから6カ月=半年たったんだなぁ。
ピアノの森のアニメを見て、エチュードの1番弾きたくなって、弾けないからレッスンに通いたくなって
あれから半年。。。。
エチュード1番レッスンでみてもらったけど、完成したー!っていうところまでは達成できず(^^;
でも、定期的にレッスン通うと、練習に「締め切り」ができるので、メリハリがついてよかったです。
私は独学でやってるとダラダラーっと弾けたような弾けてないような感じで、完成度がまったくダメなので。


【スケール 変ホ長調&ハ短調】
ここ2回くらいハノンを持っていかないでいたら、「それではエチュードからいきましょう」って先生スケールのこと忘れてるようすだったから、もう曲だけでいくスタイルなのかなーと思っていたところ
今回は、突然「ではスケール、変ホ長調いけますか?」と。

絶対先生何か抜き打ちテストみたいな感じ、試してるでしょ~?

まぁ、迷わず弾けたけど♪


【ショパン エチュードOp.25-9「蝶々」】
すこし、弾きやすくなってきたかなーくらいで、まだまだ指が鍵盤に乗らない状態。
再現部前まで弾いたところで、「ペダルをつけて弾いてみましょう」と。


家での練習でもほとんどペダルふまないで練習してたので、ペダルつけると急にうまくなった感じがしました♪
そんな気がしただけ(^^;

ペダル踏むと思った以上に響くので、頭のアクセントはすこし控えめにしましょう。
17小節目からはしばらくずっとp。1音目のアクセントがきえています。
37小節目から左の上の音ド シ ド シ・・・をだす。これだけで、和声の変化がわかります。
最後45小節目からの右手手首よく回して弾きます。出来てますけどね^^
最後の左だけでソ レ ソ レ・・・拍感。
最後のシソドシソはは緩めてすこしゆったり

「もうテクニック的なことの勉強はできているので、ペダル踏んで全体を通して仕上げましょう。」
きぇぇ~。まだ全然弾けた感がないのに、次回仕上げていくことになってしまいました(><)


【シューマン 子供の情景「7.トロイメライ」】
「入り方とかとても綺麗によく弾けてたし、ペダルの入れ方もよかったです。アウフタクトもよく弾けてました」

前回から先生この曲に関してはめっちゃ褒める(笑)

アウフタクトで拍崩しをして、拍をあいまいにすることで夢、非現実を表現している。
はじめに出てくるドーファーのあとのFの和音。ルートのF音はあえて消すように弾くといい。
8小節目のテノールの2音目Gを右でとると、アルトのFの二分音符がしっかり伸ばせる。Fがとても重要な音。
この部分、バスのGの二分音符も大切。ソシレファの和音。(←これ、なんの和音だろう?)からの、ドミ(ソ)の和音。

ソシレファの和音からの、ドミ(ソ)の和音。ドミソでトニックってことは、ソシレファのドミナント。属7??
ってことはここはC:に転調しちゃってるのかな?いつのまに!?(^^;

中間部、ソプラノ、アルト、テノール、バス分けて弾いてみて、対位法的に弾けるように。
最後のドーファーの部分のドララーだけ、クレッシェンドついていない(これまでのところにはついてた)。静かにフラットに。

【シューマン 子供の情景「8.炉端で」】
入りのp、やさしく。
3小節目や、7小節目は、トソラシラーではなく、ドーシラー。
右の最後から3音、ソプラノとアルトが4度の平行になっている。和声法的には同じ動きをしてはいけないとされているところ、めずらしい。あえての平行。


にほんブログ村






クリスマス近くなると、ジャズアレンジしたクリスマスソングを弾きたくなります。

クラシックではあまり聴かないオシャレな響きにうっとり💖



楽譜はこれしか持ってないから6年前に買ってから毎年この本弾き散らかして遊んでいます😅

そろそろ新しいクリスマスジャズの本欲しいな🌲🎹

今日はレッスン曲の練習もソコソコに、せっかくの平日お休みの貴重な1日をほぼほぼジャズピアノ遊びに使ってしまった。。。🙅🏼‍♂️🙅🏼‍♂️



ラスト・クリスマス🎄
めっちゃオトナなアレンジで素敵~‼️

それで、楽譜眺めてたら気になっちゃってねぇ。。。



この難しそうなコード。
Bm7-5onA
B♯dim onA
とか💦

わたし、知識欲が旺盛なもので、気になったら調べたい!勉強してみたい!ってなっちゃうのです。

本買ってジャズのコードの勉強してみたくなってしまいました🤣

やべー。クラシックの和声だってイマイチよくわかってないのに💦

どんな本で勉強しようかなーと思ってネット検索してたら、本よりも手軽にすぐに私の知識欲を満たしてくれるものに出会いました!

youtube先生です(笑)

本当に便利な世の中になったなと思った!
結構たくさん、ジャズピアノのコードやアレンジやアドリブなどの講座をやってくれてる動画があって、
ほんの触りくらいだったらyoutubeで充分‼️

Bm7-5onA
ビーマイナーセブンスフラットファイブ
までは理解できた!

ジャズの人ってこんなおしゃれーなコード
一瞬で押さえられるんだからすごいです。尊敬です。

やっぱーい。今週末レッスンなのに遊んじゃったよ。ジャズよりまず目の前のレッスン曲を~😭

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ






プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★
ハノン:スケール&アルペジオ(全調)
 
ショパン:エチュードop.25-9(蝶々)
シューマン:子供の情景
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ