タイトルの「ピアノが足りない」っていうと、

「わたしぃ~、最近ピアノ弾いてなくってぇ~ピアノ不足なのよねぇ~」
みたいなウザキャラ的が展開が始まりそうだけど、
そうじゃないのです。

いや、そうじゃないわけじゃないんだけど。。。

また持ち帰り仕事で、苦手なPC使った資料づくりやら、そのための勉強やらを
家事が終わって子供たちが寝たあとで深夜までやっているような状態だから
ピアノに触れてない日が数日続いてるんだけど、

今日はいつもより夕飯終わる時間が15分くらい早かったから、
ちょっとの時間でもピアノ弾きたい!と思ってとりあえず、スケールを弾き始めて1分後
娘がピアノ部屋にそろーっと入ってきて、「ピアノ一緒に練習しよー」って。

えぇー!さっき夕飯作ってるときに、ピアノやっちゃいなよ!って言っておいたのに一人では練習しないでいて
今になってやるっつーのかよ~!

娘がせっかくやる気になってるのに「今はおかあさんが弾いてるからダメ」とはいえず
娘にピアノ譲ってあげて練習に付き合ってあげたら、
いつも通りの時間にダンナが帰ってきちゃってタイムオーバー。

あぁ~あ。また今日も練習できなかったよ。
それで、タイトルのピアノが足りないっていうのは、
物理的にピアノが足りないっていう話(笑)
もう一台ピアノあったらよかったなー
ピアノ弾く人が家に二人いると、ピアノ足りないじゃん

去年まではグランドとアップライト両方別の部屋にあったんだけど
2台あっても家が傷むだけだってダンナに怒られて、アップライトは生徒ちゃんに譲ってしまったのです。

まぁ、でも、娘は一人で練習ぜったいしないんだけどね。

この間レッスンあったのに、それから一回も弾いてないから忘れちゃうよ。
ってか、もう忘れたわ。(--;

次のブログは、レッスン記録の記事!それだけでも早く書いとかないとね!


にほんブログ村
スポンサーサイト

レッスン終了した曲は動画撮って記念に残しているのですが、
エチュード1番は、記念に残しておきたいテイクが撮れない!!!

レッスン終わってから1週間で、すでに崩れてきてしまいました(;д;)
次の曲の練習を始めたのもあって、1番を弾く回数は激減。集中力もガタ落ち。

これは、ひとまず現状を記録しておいた方がいいかも。。。
全然弾けてないっていうか、完全に崩壊してるけど
記録として置かせてください。



 




にほんブログ村

前回のレッスンでエチュード10-1が終了になって、
次は10-8・10-9・25-2の3曲の中からどれか選ぶことになっています。

どれにしようかなー。

3曲聴いてみて、好みだったのは10-8!
基本的にmoll系より、キラキラしてる方が好きです。

先生にいわせると、「hirococcoさんは、moll系で歌う曲があってると思います」だそうですが。。。

10-8聴くと、2010年のショパンコンクールのダニエル・トリフォノフを思い出します。
なんか、いろいろ新鮮な演奏だったの。
ファツィオリってピアノも初めて見たし、ベンチタイプのイスも初めてみたし、トリフォノフの音がめっちゃキレッキレで衝撃的だったんだよねー。
ちょろっと弾いてみたら、10-1よりは弾きやすいけどまたアルペジオかぁ。

10-9は、ショパンのエチュードの中で一番易しい曲らしいですね?
なんか、私の中では和っぽい雰囲気の曲っていうイメージ。
f-moll。あまり興味がわかない(笑)
一番易しいっていうけど、左ヤバいことになってるよ。
全然届かないんだけど。。。易しくないよー

25-2も易しい曲の中の一つらしい。
確かに。
音を並べるだけなら、割とすぐに弾けちゃう。
これも、f-moll。弾きたーい!って感じではない(笑)

ん~~~

んん~~~

んんんん~~~~

10-1でちょっと疲れちゃったし
一番易しいっていう曲にしてみようかな。
でも、左の動きがカッチカチな私には全然やさしくないんだけども。
左柔らかく動かすトレーニングになるはず!

と、いうわけで、次にやるエチュードは10-9に決めました(^^♪



にほんブログ村

練習期間 H.30.5 ~H30.8 (4ヶ月間)

しばらくぶりにピアノのレッスンに通いはじめて、最初に取り組んだ曲でした。

ショパンのノクターンは聴いてると眠くなっちゃうからあまりちゃんと聞いたことなくて知らない曲ばかりだけど、8番は別!

8番はすごく綺麗でキラッキラしたところがあって、そこがどうしても弾いてみたかったのです。
3:50から4:00とか、そのあたりのところ。con forza。

楽譜見てみるとたったの1、2段で特にキラキラときめいちゃうとこなんて1小節で終わっちゃうんだけど、
やっぱり自分で弾いてても気分が高揚して気持ちがいいところです!

レッスンではひとまず終了になったので、今の状態を記録しておきます!

でも、もっともっと歌って弾いていいんだろうな。ミスタッチも多いし、音に気がとられて歌いきれてない、とってもアッサリしたノク8に仕上がりました(@_@)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


無事に子供たちも我が家へ帰ってきて、またバタバタと忙しい日々も帰ってきました(;д;)
強制終了にならないようにしっかり準備をしてから次のレッスンに臨みたかったんだけど
なかなかそうもいかず。。。

先日レッスンに行ってきました(^^♪

【スケール G dur, e moll, D dur, h moll】
先生に、「それではG durいってみましょうか。」「はい、その平行調」「次はD dur!」「いいですよー、じゃぁ、その平行調」
って、ポンポン調を言われてすぐに弾くスタイルになってきたようです。
h mollは指使いがめちゃめちゃ怪しかった(笑)
家でも、練習の最初にスケールとアルペジオを適当に5個くらいの調で弾いているので、なんとかすぐに出てきます。


【ショパン エチュードop.10-1】
前回先生が「このエチュードは女性が弾くのは大変ですよね、何か考えておきます」って、強制終了に持っていかれそうな雰囲気をかもしだしていたので、
できるだけ自分で納得いくところまでもっていきたかったのです!今回!
で、最後まで止められずに弾かせてくれました

「前よりもだいぶテンポが上がりましたね!とてもいい感じになりました。最後のほうは体力勝負ですね」
最後のほうの掴みにくい部分は、疲れてきているので少し指でひっかくような感じ
曲の最後のカデンツ部分はD⇒Tを意識して、くだりにアクセントつけすぎないで。

「この曲の難しいところは右の大きく開いて素早く縮めての繰り返しと、左の長ーいメロディですよね。
左はよくつながるようになりました。テンポも上がって、このままどこかで弾いても大丈夫だと思いますよ!」


ということで、強制終了ではなくて、ちゃんと終了できました

次は、10-8, 10-9, 25-2の中から1つ選ぶことになりました。
聴いてみなきゃ


【ショパン ノクターン8番】
これも、最後まで聞いていただけました!

「とてもきれいになりましたね。いいですよ。ペダルきれいになったし、すごく和声感があってメリハリがついていいですね。」 

めっちゃ褒めてもらった

スフォルツァンドのところが時々抜けちゃうのがもったいない。スフォルツァンドのところは全体的にもっと強めでもいい。

スフォルツァンドってその音だけ特に強くするのだと思っていたんだけど、ちょっと違うらしい。
スフォルツァンドはアクセントとは違うので、その部分全体にかかってるのでバスの上に乗っかる感じで和声を聞かせる感じで

「とてもよくまとまりました。これもどこかで弾いてもおかしくないですよ。」

終了!

次は、ショパンからはなれて、シューマン「子供の情景」。
前回、1曲目から見てきていいよって言われていたので
第1曲 見知らぬ国~第3曲 鬼ごっこ くらいを予習してました!

【シューマン子供の情景~見知らぬ国】
シューマンは1,2曲くらいしか弾いたことがなくて、指使いとかクセがあって弾きにくいです。
とりあえず弾いてみたんだけど
「これ、すごく勉強になりますよ!今足りないことが全部入ってます(笑)」

顔はこんなかんじで、内心はこんな感じ

左から右へのメロディーの受け渡し、伴奏とメロディーが絡み合ってるようで絡み合ってないようなかんじ
2/4拍子であって、6/8拍子ではない。
2/4拍子と6/8拍子の違いとか弾き分けとか考えたことなかった!
メロディー、3連符、バスと3つに分けて練習。
3連符+バスで練習。2/4拍子を意識して。

シューマン、楽譜みると楽にひけそうなかんじとおもったけど、めっちゃ弾きにくい!
まだシューマンになじんでないので、早くお友達になりたい。


にほんブログ村



プロフィール

hirococco

Author:hirococco
子供のころに13年ピアノを習い、大人になってからまた再開しました。
子育て・仕事・家事・そしてピアノ、限られた時間でピアノライフを楽しんでいます。

ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 清き1クリックをよろしくお願いします^^
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
★現在レッスン中★
ハノン:スケール&アルペジオ(G:,e:,D:,h:)
 
ショパン:エチュードop.10-9
シューマン:子供の情景
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ